切替えスイッチ付きUSBケーブル【エレコムKM-A22BBK】

エレコムKM-A22BBKは、キーボードなどUSB接続の周辺機器を、2台のPCで切り替えて共用するためのスイッチ付きUSBハブです。

スポンサーリンク

切替スイッチ付き二股USBコード

こういう地味なアイテムはあまりレビューもないようなので、簡単ですが、わたしが書いてみます。

エレコム KM-A22BBK

まずは製品の写真。

配線を図示するとこうなっています。

スイッチ部分と本体にLEDがあり、現在どちらのPCに繋がっているか、緑とオレンジのLEDで教えてくれます。

スイッチのコードは1.8mもあるので、手元で切り替えできます。PCに接続するUSBケーブルの長さは、それぞれ1.2mです。

どういう動作をするか

この製品の動作は以下の通りです。

  1. プッシュスイッチを1回押すごとに、接続先PCが切り替わります。
  2. 片方のPCがシャットダウンまたはスリープ状態になると、自動的に他方のPCに切り替わります。

上記の「2」の動作が地味に便利です。朝、電源を入れた方のPCに勝手にマウスとキーボードを接続してくれるので、切り替えを意識せずに仕事を始められます。

どんなUSB機器を使えるか

たいていのUSB機器が使えそうです。ちなみに、わたしが繋いでいるのは、

  • キーボード(Apple純正)
  • マウス(ロジクール・ゲーミングマウス)
  • オーディオインターフェイス(Sony製マイクの付属品)
  • USBメモリ
  • Mini SDカード
  • たまに外付けのSSD

です。

これだけの機器をボタンひとつで1秒で切り替えれるのはとても便利です。記憶メディア系のデバイスも、切り替え先のPCに自動的にマウントしてくれます。

オーディオインターフェイスには、ヘッドフォンとマイク、またはマイク付きのヘッドセットを繋いで、音声入力やビデオ会議等に使用しています。

USBハブを使えるか

マウス等を繋ぐためのUSBポートは2つしかありませんが、USBハブを接続可能です。わたしは、エレコムの4ポートのUSBハブを繋いで、5ポートに増やしています。

Macで使えるか

Macでも使えます。わたしはMacとWindows PCを併用していて、その切り替えに使っています。

ちなみに使用PCは、

  • Mac mini 2014 High Sierra
  • Windows 10 自作機 (Asrock J5040オンボード)

です。

エレコムの公式サイトには対応OSが

  • Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP/2000
  • Mac OS 10.3/10.8

と書いてありますが、Mac OS 10.13(High Sierra)でも正常に使えています。

USBメモリの転送速度

USBメモリを常時つないでおけば、2台のPC間のデータ共有に使えます。データをUSBメモリに置いておき、切り替えたPCですぐ作業に入れます。

ただし、この製品はUSB2.0にしか対応していないため、USB3.0のUSBメモリを挿しても転送速度はUSB2.0の速度が上限です。普通の事務作業用のデータをやりとりする程度なら、USB2.0でも遅いと感じることはありません。

以上、まとめると、エレコムKM-A22BBKは、とにかく地味に便利な機器です。パソコンとわたしの間に空気のように存在して、仕事をサポートしてくれます。おすすめできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク