マウスが故障したので、スイッチを交換して修理しました

スポンサードリンク

マウスのシングルクリックがダブルクリックになってしまう現象をチャタリングと言います。スイッチの劣化が原因で発生する現象です。ロジクールM505という数年前のマウスのマイクロスイッチを交換して、チャタリングを修理しました。

マウスが故障しました

シングルクリックがダブルクリックになる

ロジクールのワイヤレスレーザーマウスM505。とても気に入っているのですが、愛用しすぎて、左クリックのボタンがチャタリングを起こしました。

mouse01

シングルクリックしたのにダブルクリックになってしまい、PCが予期しない動作をする。これがチャタリング。マイクロスイッチの故障が原因です。

チャタリングをおこしたマウスを延命するには

気に入っていて手放せないロジクールM505マウスなんですが、すでに生産終了で、新品への買い替えは不可能。なんとか延命できないものか。

とりあえず、チャタリング防止用のフリーソフトを導入しました。

チャタリングキャンセラー

マウスのクリック間隔を測定して、人間がやらない極端に早い(20ミリ秒とかの)ダブルクリックをシングルクリックとみなしてくれるソフトです。このソフトウエアを導入して、半年ほどM505を使い続けました。

しかし、それももう限界。スイッチの劣化が進み、ソフトウエアを入れていても誤動作します。シングルクリックがダブルクリックになる。

もう最後の手段しかありません。マイクロスイッチの交換です。

マウスのマイクロスイッチの交換に挑戦しました

マイクロスイッチ

M505に使われているマイクロスイッチはオムロンの「D2FC-F-7N」という型番です。これはメーカー向けの製品なので、街のパーツ屋さんにはおいてありません。

わたしは、互換品のオムロン「D2F-01F」という製品で代用しました。秋葉原の「マルツ」というパーツ屋さんで購入しました。1個120円でした。

mouse08

なお、あとで説明しますが、取り替えた後の使用感は、純正の「D2FC-F-7N」よりも若干クリックが重くなったように感じます(ほんのわずかな違いです)。

追記: アマゾンならメーカー向けの「D2FC-F-7N」をバラで個人購入できるようです。


オムロン(OMRON) D2FC-F-7N マイクロスイッチ 品質保証付き

工具の入手

電気工作の趣味などないので、必要な工具はぜんぶ新規で購入しました。必要なものは、

  1. 精密ドライバー
  2. ハンダごて
  3. ハンダ
  4. ハンダ吸収線

です。

精密ドライバーはダイソーで100円でした。

mouse04

ハンダごて、ハンダ、ハンダ吸収線は、初心者用にセットになっている商品があったので、それを買いました。アマゾンで1,182円(税込)でした。

電子基板用はんだ付けセット 40W

ハンダやハンダ吸収線を単品で購入すると、それぞれ1メートル単位で数百円します。今回の工作には数ミリしか使用しないので、もったいないです。はんだ付けセットに付属している分量で十分でした。

DSC00531-2

マウスの分解の仕方、交換の仕方

では、交換作業に入ります。

基盤の取り外し

マウスを裏返して、4つあるゴム足を丁寧にはがします。マイナスの精密ドライバーをゴムのフチに沿って滑らせながら押し込むと、簡単にはがれます。

mouse10

ゴム足をはがすと、プラスねじが出てきます。これをはずします。

mouse11

ねじを4箇所はずすと、ぱかっと開きます。

mouse13

インジケーターランプ用の電源コードのソケットを抜きます。このときコードを引っ張らないように、ドライバの先をソケットに引っ掛けて、丁寧にはずします。

mouse14

上半分をはずしたところです。

mouse15

つづいて基盤をはずします。

まず配線を取り外します。この部分です。

mouse19

このソケットは、コードを引っ張ってはダメです。黒いプラスチックの部品でロックされているので、マイナスドライバの先っぽを引っ掛けて、この黒い部分を90度立ちあげて開放状態にします。

これがロックされている状態。

mouse54-2
これが黒い部分を持ち上げてロックを解除した状態です。

mouse55-2

ロックを解除すると、配線は引っ張らなくても自然にはずれます。

mouse24
あとはプラスねじを3つはずすと、基盤はボディからはずれます。

mouse26

このねじをはずすと、ホイールも一緒にはずれます。

mouse50

ホイールはホコリと手垢で汚れていたので、薄めた中性洗剤を含ませた布で掃除し、仕上げに水ぶきしました。

マイクロスイッチの交換

いよいよマイクロスイッチの交換です。

ここは苦戦しました。

交換するのは、写真の手前側の黒い箱状のスイッチ。

mouse28

裏を返すとこうなっています。オレンジで囲った3つの足のハンダを溶かしてスイッチを取り外します。

mouse27

文字で書くのは簡単ですが、実際にやるのは大変です。

まずはYoutubeで見つけたお手本動画。

素人はこんな風に手際よくできません。

同じようにやってみても、溶けたハンダが吸取線に染み込んでくれず、ハンダごてを離すと元どおり固まってしまいます。小一時間やってみましたが、わたしには正攻法は無理のようです。

で、どうにか成功したのは下図の方法。

kote2

はんだごてを横に寝かして足に当て、同時に全部の足のハンダを溶かします。この状態でスイッチをクイクイひっぱると、少しずつ抜けてきました。

はずしたマイクロスイッチです。

mouse37

スイッチを抜いた後の穴は、ハンダで半分塞がっています。溶かしただけで除去していないのだから当然です。

mouse38-2

ハンダはやわらかいので、マイナスの精密ドライバーを差し込んで、穴を押し広げました。使ったのは一番細い「幅1mm」のマイナスドライバーです。

mouse43

新品のスイッチを差し込んで、ハンダ付けします。

mouse45-2

このハンダ付けがまたヘタクソで、ぐちゃぐちゃになってしまいました。

mouse47

これで本当にとまっているのだろうか。

でも表からみると、一応もっともらしくできています。手前が交換済みのオムロン「D2F-01F」です。

mouse49

組み立て

組み立てはとくに難しいことはありません。注意点は、電源スイッチが内部のトグルスイッチと嚙み合うように組み立てることくらいでしょうか。

mouse51

mouse59

mouse57

無事完了

とりあえず、できました。

普通にちゃんと使えます。

交換した左クリックが、以前よりも気のせいかやや重くなったように感じます。クリック音も心持ち大きくなったように感じます。
でも、いずれも「そんな気がする」という程度です。

わたし的には「大成功」という気分になっております。

長文ご閲読ありがとうございました。

スポンサードリンク