【アプリ不要】スマートホンで通話を録音する方法【Android / iPhone】

スマホでの通話録音は、わりと面倒です。アプリを入れたら済む話ではありません。AndroidもiPhoneも、本来、通話録音に対応していないからです。

GoogleやAppleの本国アメリカでは、州にもよりますが、相手に無断で通話を録音することは違法です。このため、違法行為を助長する可能性がある通話録音機能は、ついていないのです。

ちなみに、アメリカに限らず、イギリスやカナダ、ドイツ、その他の多くの国で、電話の通話の無断録音は違法です。

参考:Telephone call recording laws

日本には、いまのところ、通話の録音を禁止する法律はありません。

スポンサーリンク

スマホで通話を録音する方法

iOSもAndroidも米国企業が開発したシステムです。そのため、通話の録音には消極的です。

とはいえ、録音する方法がまったくないわけではありません。AndroidとiPhoneそれぞれについて、通話を録音する方法をご紹介します。

iPhoneで録音する方法

iPhoneの端末自体には、録音機能はありません。また、端末内のメモリに通話を録音するためのアプリもありません。

Tapecall

ただし、グループ通話機能(3者間通話機能)を使って、外部サーバーに通話内容を録音するアプリならあります。

TapeCall

このアプリの仕組みは次のとおりです。

自分、通話相手、TapeCallのサーバーで3者間通話を確立し、Tapecallのサーバーーに通話を録音します。録音した音声ファイルは通話終了後にダウンロードできます。

ただし、このアプリには、いくつかデメリットがあります。

  • 3者間通話機能がないDocomoのiPhoneでは利用できません。
  • auとソフトバンクの場合、3者間通話機能を利用するために月額200円のオプション料金がかかります。
  • Tapecallの年間契約料金が3,400円かかります。
  • さらに、録音時には、Tapecallに接続するための通話料が別途発生します。
  • 自動録音はできず、録音を開始するための操作が必要です

あまり使いやすいとは言えませんね。

StichPhone

やはり手元の機器に、普通に録音するほうが便利です。

iPhone本体に通話を録音することは不可能ですが、Bluetooth接続のレコーダーを繋げば、録音は可能です。

AJAXが販売する「StichPhone」は、iPhoneとBluetooth接続できるICレコーダーです。

スマホ通話レコーダー(Bluetooth)StickPhone
AJAX
売り上げランキング: 21,105

ひとことで説明すると、StichPhoneは、Bluethooth接続のイヤホンマイクに録音機能がついたような製品です。

通話時は、StichPhoneから相手の声が聞こえます。送話もStichPhoneに向かって話します。その音声をそのまま録音する仕組みです。iPhone本体は、かばんの中にでも入れておけばOKです。

この製品のメリットは、キャリア通話だけではなく、LINE通話や、Skype、Viver、SmartalkなどのIPフォンによる通話も、すべて同様に録音可能な点です。

Androidで録音する方法

Androidスマホの場合、アプリを入れれば録音が可能な場合があります。Goolge playに、フリーの通話録音アプリがあります。

ただし、機種によって使えたり使えなかったりします。また、最初は使えても、アップデートが入ると使えなくなったりします。仮に使えたとしても、録音音量が小さくて聞き取りにくかったり、音質が悪かったりします。

Android自体が録音機能を前提とした作りになっていないため、アプリを入れても安定した録音が難しいのです。

大切な仕事の話を録音したいなら、アプリではなく、もとから録音機能を装備している機種を買うべきです。録音の確実性がまったく違います。

Androidスマートホンで、メーカーが通話録音を正式にサポートしている機種はASUSとOPPOの端末です。ASUSは台湾の企業、OPPOは中国の企業です。これらの国では通話録音が違法ではないので、メーカーがAndroidのシステムを改変して、通話録音機能をつけています。

ZenFone

ZenFoneのOSは、ベースとなるAndroidにASUSが独自の改造を加えています。この独自のシステムには、通話録音機能が最初から付属しています。

ZenFone4の設定画面には、このような通話録音のメニューがあります。

通話自動録音を選択し、通話録音の対象を「すべての番号」にしておくと、かかってきた電話も、かけた電話も、自動的に全部録音してくれます。音質は良好です。

また、特定の電話番号をあらかじめ指定して、その番号からの通話のみを自動録音することもできます。

録音した音声ファイルは、1分間の通話で1MB程度のサイズです。相手の電話番号と通話日時がファイルのタイトルになるので、あとから探すときに大変便利です。電話帳に登録があれば、相手の名前と通話日時がファイル名になります。

保存場所を任意に指定できるので、Google Driveに同期しておくと自動的にクラウドにアップロードされ、あとでオフィスのデスクトップパソコンで通話を聞くなど、とても便利に使えます。

ZenFoneは、中低価格帯のラインナップが多く、最新OSのモデルが1万円台から買えます。

ZenFoneのラインナップを見る

ZenFoneの場合、個別の機種の機能ではなく、ZenFoneのOS自体の機能として通話録音がついているので、人気のZenFone LiveやZenFone max、ZenFone4、ZenFone5など、機種にかかわらず、いずれも通話録音に対応しています。

OPPO

OPPOのスマホは、AndroidをベースにしたColorOSという独自OSで動いています。

このColorOSは、OSレベルで通話録音に対応しています。ZenFoneと同じく、全通話自動録音に対応しています。

下の画像は、OPPOの設定画面です(日本語化も可能です)。

自動録音をオンにしておけば、何も操作をしなくてもすべての通話を自動的に端末内に録音してくれます。

録音する対象を細かく設定することもできます。たとえば、特定の電話番号との通話のみ録音したり、電話帳にない相手からの電話のみを録音する、という設定も可能です。

AX7やR17など、最新機種も自動録音に対応しています。

OPPOのラインナップを見る

OPPOは日本では新参メーカーですが、世界でのシェアは8.6%で、第5位のスマホメーカーです。日本でも、2019年5月の時点でSIMフリースマホの1割のシェアを占めています。

1万円台で最新OSの機種が買えますので、これを機会に試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする