SMARTalk(Fusion ip phone)の通話音量が小さい(相手に聴こえない)ときの対策

スポンサードリンク

楽天が運営するIPフォン、SMARTalk(Fusion ip phone)に登録してみましたが、どうもうまく機能しません。受話は問題ないのですが、送話(相手に聞こえるこちらの声)の音量が小さくて、実用に耐えません。いろいろ試してみた結果、その解決法を見つけたので、誰かのお役にたてばと思い、記事にします。

SMARTalkの送話音量が小さいときの解決法

SMARTalk(楽天Fusion ip phone)に登録し、公式アプリをイントールして試用してみたのですが、送話音量が極端に小さいです。マイクに口を寄せて大声で話しても、相手には、こちらの声がほとんど聴こえないようです。

原因をネットで探してみたところ、どうやら私が使っているスマートフォン(Freetel Priori2)とSMARTalkのアプリの相性が悪く、送話音量が小さくなってしまうようです。

設定方法

そこで、設定をいろいろいじってみたところ、解決策らしきものを見つけました。

キーパッド画面の右上の三点マークをタップしてメニューを開きます。

smartalk01

メニュー画面で、

環境設定 → サウンド設定

と進みます。

サウンド設定の画面には「マイク音量」という項目があり、ここでマイクの感度を調節できる仕組みになっています。しかし、当面発生している問題はもっと奥が深いようで、マイクの感度を上げても、相手に伝わる声は相変わらず小さいままです。

その2つ下にある「古いAndroidの利用」という項目を見てください。

「古いAndroidを利用していて、音声に問題がある場合には、この設定を有効にすることで改善される場合があります。」

と書いてあるところです。

smartalk04

この項目のチェックボックスにチェックを入れます。

Priori2は、Android5.0 (Lollipop)なので、決して「古いAndroid」ではないのですが、不思議なことでこれで改善されます。つまり、こちらの声が、相手にちゃんと聞こえるようになります。

Priori2は中華スマホを転用した廉価版スマホなので、Androidの新しいバージョンに十分に対応できていないのかも知れません。

理由はともかく、とりあえずこの設定をすると、Priori2でSMARTalkを使えるようになりますから。是非試してみてください。

MVNOでの使用感・ひとことレビュー

ついでに、使用感を簡単にレビューしておきます。

格安SIM(低速モード)での運用

わたしはSMARTalkを、月額数百円のDMMの格安SIMで運用しています。普段は低速モードに設定してあるので、1Mbpsを遥かに下回る通信速度です。平均すると0.3Mbpsくらいだと思います。

それでも普通の通話に支障はありません。若干エコーがかかったような荒い音質ですが、話の内容はちゃんと伝わります。仕事では使いにくいですが、プライベートでの使用ならこれで十分です。

音声の遅延も、気になるほどではありません。

プッシュ方式での受信

SMARTalkは、プッシュ方式での着信に対応しています。ただし、アプリが全く起動していない状態では着信しません。

いったん通話アプリを立ち上げて、待機状態にしておく必要があります。

smartalk05

上図の「省電力待機中」という状態にしておけば、電話がかかってきた際に呼び出し音がなります。

SMARTalkは月額基本料無料で050番号がひとつ持てるので、通販サイトに電話番号を記入するときなど、本来の電話番号を使いたくないときのために、とりあえず登録しておくと役に立つと思います。