雷サージ機能つき電源タップ – 落雷によるPC、電気製品の故障を防止する

スポンサードリンク

雷の季節がやってきます。

わたしは住宅が密集した市街地に住んでいて、まわりには高いマンションがたくさんあります。その屋上には避雷針がついているので、雷が落ちるとしたら、たぶんそちらでしょう。

とくに高くもないわたしの家に落雷することはないと思います。しかし、ピンポイントで被雷しなくても、安心はできません。

雷が落ちると、その周囲の家にも二次被害が及ぶ可能性があるからです。二次被害の原因は「サージ電流」です。

サージ電流の被害を防ぐ

雷サージ電流について説明します。

雷サージ電流

雷サージ電流とは

雷が落ちると、雷の直撃を受けた家だけではなく、そこから離れている一帯の電線や電話線に高圧の電流(雷サージ電流)が発生します。

離れているのに電気が流れる理由は「電磁誘導」です。ちなみに、身近なところで、電子マネー「Edy」や「SUICA」、「ICOCA」などの非接触型カードは、この「電磁誘導」の原理を利用しています。

これらの非接触型カードは、カードリーダーに近づけると、カードリーダーが発する磁気を受けて微弱な電気を発電し、その電気を使って電波を出してカードリーダーと交信します。このように離れた場所に電気を起こすことができるのが「電磁誘導」です。

雷サージ電流は、この「電磁誘導」が巨大な規模でおこなわれることで発生します。雷サージ電流が発生するのは一瞬だけですが、その電圧は数千ボルトから数万ボルトに達します。

この一瞬の高圧電流が電線を伝って家に入り込むと、家屋内の家電製品を破壊します。これがサージ電流による二次被害です。

PCやモデムなどのOA機器のほか、テレビ、冷蔵庫、エアコンなどすべての家電製品が故障して使えなくなる可能性があります。

雷サージ電流の被害はどうすれば防げるか

もっとも確実な被害防止策は、雷が鳴り始めたら、PC、テレビ、モデムなど、すべての家電製品のコンセントを抜くことです。

スイッチをオフにしただけでは不十分です。雷サージ電流は高圧なので、スイッチを飛び越えて電気機器の内部に入り、電子部品を破壊します。

雷サージ電流に対する完璧な対策は、すべての電気製品を、壁のコンセントから抜くことです。物理的に完全に遮断するわけです。

でも、IP電話用のモデムとか、冷蔵庫などは、コンセントを抜きっぱなしにできないですね。また、外出中の急な雷には、そもそも対応不可能です。

雷サージ対応タップで対策を

常時電源につないでいる電気機器を守るためには、雷サージ対応の電源タップを使用することをおすすめします。

このような雷サージ対応の電源タップには、サージ電流をバイパスして遮断する雷サージ吸収素子(バリスタ)が組み込まれています。

雷サージ対応の電源タップは、家電量販店やAmazonで数百円から千数百円で購入できます。

雷サージ対策タップの構造

雷サージ対策用タップを分解してみました。

コンセントに差し込む金具から、2本の黒いコードが基板につながっているのがわかると思います。この基板に、雷サージ吸収素子(バリスタ)が乗っています。

雷サージ吸収素子(バリスタ)は、高圧のサージ電流を吸収する機能を持っています。その原理は、下図をみてください。

上図の青い部分は、普段は絶縁状態で電気を通しませんが、数千から数万ボルトの高圧の雷サージ電流が来たときだけ電気抵抗が低くなり、電気を通します。

これにより、高圧電流が電気製品の方に流れずに、電源タップのなかでバイパスされます。電気製品側の電圧は、サージ吸収素子(バリスタ)の性能によって決まる「制限電圧」以下にセーブされます。

ただし、サージ吸収素子が高電圧を受け止める能力には限界があります。限界を超える高電圧がかかると部品が壊れます。どのくらいの高電圧に耐えられる部品を使っているかが、雷サージ機能付タップの性能を決定します。

※ サージ吸収素子(バリスタ)の構造や性能、耐久性、寿命などについて、詳しくは以下のページが参考になります。

社団法人電子情報技術産業協会「バリスタの安全な使い方」

一部のメーカーを除き、雷サージ対応タップの製品パッケージには、最大サージ電圧が明記してあります。

雷サージ機能付タップを購入するときは、この数字を確認してください。

サージ対策用品の性能比較

市販のサージ電流対策タップの性能比較をします。

サージ電流対策用品の性能は、最大サージ電圧の大きさによってはかることができます。

ネットで容易に購入できる機種として、Amazonで現在販売されているサージ対策用タップの対応電圧の一覧表を作成しました(色違いバージョンは省略しています)。

メーカー 型番 対応電圧 仕様
オーム電機 HS-A1234W 60000V 1口
サンワサプライ TAP-SP207 2500V 3口
エレコム KT-180 12500V 2口
バッファロー BSTAPD01WH 非開示※ 3口
ヤザワ HTK153BK 13000V 3口
ヤザワ STB60WH 60000V

右端の仕様欄の数字は、同時に接続できるコンセントの数を示しています。

※ バッファロー公式HPの製品情報には「雷サージガード付」と書いてあるだけで、最大サージ電圧の記載がありません。同社のサポートに問い合わせたところ、最大サージ電圧は「非開示情報」であるとの回答をいただきました。

使用欄に★マークがついているヤザワの製品は、少し特殊な製品です。この製品を普通のテーブルタップに差し込むことによって、そのテーブルタップを雷サージ対応のタップに変えてしまうというユニークな製品です。

差し込まれたこの製品を通って雷サージ電流がバイパスされるので、その他の差込口には高圧電流が流れない仕組みです。テーブルタップの差込口をひとつ潰してしまうことになりますが、対応電圧が60000Vと高性能なので、魅力的な製品です。

1万ボルト以上のものがおすすめ

雷サージ対応タップは、基本的には、対応できる電圧が高ければ高いほど、高性能です。

サージ電流は、数千ボルトから数万ボルトです。したがって、2500Vが上限のサンワサプライの製品は、選択肢から外したほうがよさそうです。

ちなみに、後で紹介する100均(ダイソー)の製品でさえ4500V対応です。サンワサプライの2500Vの製品は、いまどきの仕様としてはスペックが低すぎます。

少なくとも1万ボルト以上に対応できるものを選んだほうがよいと思います。

また、バッファローの製品は、最大サージ電流が「非公開情報」であるとのこと。基本スペックである最大サージ電流が「非公開情報」というのは少し驚きました。他社はみな製品パッケージに明記してあります(ダイソーでさえ明記してあります)。基本スペックが不明では検討のしようがないので、バッファローは選択肢から外しました。

実際に買ってみました

実際に、いくつか買ってみました。

オーム電機(HS-A1234W)

市販品のなかでは最高レベルの60000V対応の雷ガードタップです。赤いLEDは雷サージ機能が作動中であることを示します。

ただし、差し込み口が1つしかないので、わたしはそこに普通の3個口の電源タップを差して、複数の機器をつないでいます。

購入した3つのタップのうちで最も対応電圧が高いので、わたしの部屋にある電気製品のなかで比較的値段が高いパソコン、液晶ディスプレイ、LANのルーター、Faxを、このタップにつないでいます。

合計1500Wまで使えるタップなので、PC等の電子機器なら複数つないでも大丈夫だと思います。

Yazawa(HTK153BK)

対応電圧が13000Vの雷ガード付きトリプルタップです。オーム電機の60000Vよりもかなり性能は落ちますが、市販品のなかではミドルレベルの性能の製品です。作動中を示すLEDは緑色です。

わたしはブラックを買いましたが、同製品の色違い(ホワイト)もあるようです。

差し込み口が3口あるので、同時に3つの家電製品のコンセントを差せます。普通の3個口電源タップとほぼ同じサイズなので、使いやすいです。

性能が中級レベルであることを考慮して、この電源タップには、扇風機とコードレスフォンなどの比較的安価な電気製品をつないでいます。

エレコム(KT-180)

12500V対応の製品です。Yazawaの製品と同じく、ミドルレベルの性能の製品です。

左右両側に差込口があり、2個のプラグをつなぐことができます。作動状況を示すLEDがないので、わたしは気分的に物足りないのですが、部屋に余分な光がないほうが落ち着くという方は、これを選ぶのがよいかも知れません。

ただし、最高サージ電圧が12500Vしかないので、PCなどの高価な電子製品で使うには不安があります。

このタップは机の上に設置して、小型のデスクファンと、スマートフォンの充電器をつないでいます。小型のデスクファンは壊れても諦められる程度の値段ですし、スマホの充電器は自分の外出中は使用しませんから、スマホが雷サージ電流の被害を受ける可能性はありません。

ダイソー(100均)製はやめたほうがよい

雷サージ機能付きの電源タップは、100円均一のダイソーにも売っています。1口タイプ(100円)と3口タイプ(200円)の2種類を買ってみました。

どちらも耐用電圧は4500Vなので、高性能ではありません。雷サージの電圧は数千ボルトから数万ボルトですから、ごく軽い雷サージのみに有効な製品です。

外観を見た感じは、一般の電機メーカーのものと変わりません。しかし、中を開けてみて驚きました。内部の配線コードが、端子とプラスチックの間に挟まって、つぶれています(赤矢印の箇所)。

コードの状態を観察するために、挟まっている箇所を引き出してみると、表面のビニールの被覆が損傷していました。

もし、ここの被覆が破れると、100Vの両極がショートします。

とても雑な組み立て方をしているようです。これでは、長く使っている間に断線や、最悪ショートして発火しかねません。恐ろしくて、コンセントに差し込めません。

電気関係のアイテムは、事故防止のためにも信頼性が大切です。ダイソーやセリアなどの100均ではなく、有名電気メーカーの製品を使ったほうが安全です。

おすすめの電源タップ

わたしが買った製品のなかで、おすすめの一品は、オーム電機の60000V対応の電源タップです。

60000V対応というスペックは、安心感があります。コンセントの差し込みが一つしかない点は、普通の3口のタップと併用すれば解決できます。

合計1500ワットまでなら複数の電気製品をつないでも大丈夫です。

この種の製品は、近所に雷が落ちてくれないと効果はわかりませんし、落雷があってもサージ電流が発生するとは限りません。したがって、実際の作動状況は未確認ですが、スペック的に選べば、この製品が最適ということになると思います。

この製品をさらに買い増して、冷蔵庫やエアコン、テレビなどの雷サージ対策もしようと思っています。